合宿免許を利用する時に

自動車免許を習得する際、合宿免許を利用するという選択肢があります。

一般の教習所通いに比べて時間的拘束は非常に大きくなってしまいますが、料金や習得までの日数は合宿免許の方が安い・短いです。
実際に合宿免許を利用する時、注意すべき点は次の通りです。

まず、自分に時間の余裕があるか。


合宿免許を利用した際、AT限定ならおおよそ12~14日、MTなら15~17日ほどかかります。
その間、他の作業、例えば通勤や通学などは非常に困難です。

もしそういったまとまった時間が取れないのであれば、合宿免許を利用することは推奨しません。

続いて、実際にどれだけ割安になるのか。



ひとえに「合宿免許は教習所通いより割安で利用できる」といったとしても、教習所によって値段は当然異なります。
教習所通いなら近くの教習所を優先的に選択すれば良いですが、合宿免許を利用するのであれば場所は関係ありません。

ある程度、探索の範囲を広げ、値段を比較する必要があります。その際、実際に合宿を行う場所を調査しておくことも忘れてはなりません。

生活するとはいえ主な部分は講習ですから、あまり神経を尖らせる必要はありませんが、あまりにも辺鄙な土地だと、万一の時に危険に晒される恐れがあります。

そして、選んだ教習所の評判も調べておきましょう。

例えば評判が良くない場合、教習所通いならまだ「受講している間、我慢すればいい」のですが、合宿免許だと自分の生活に直接関わっています。

担当教官の態度が良くない、教え方が雑……などの悪評は、通常の教習所通いをする際よりも、さらに慎重に調べておくべきです。



合宿免許は自分の生活の時間を拘束される代わり、料金や習得日数の面で得をするシステムです。

その為、利用する際には疑心暗鬼になるくらい慎重に調査しましょう。

万一、途中で中断・退学してしまうこととなったら、割安になるどころか高い金額を無駄にしてしまうことになります。



それを防ぐために必要なのが事前調査です。