合宿免許のメリットとは

自動車の運転免許を取得するために便利な仕組みとして合宿免許があります。

合宿免許とは、一定の期間、宿泊滞在しながら運転免許にかかわる教習をして免許を取得することであり、たくさんのメリットがあります。


主な合宿免許のメリットとしては、早期取得が可能な点が挙げられます。

教習場に宿泊することによって、短期間で集中して教習することができますから、早く免許を取得することができるのです。

オートマ限定であれば、最短で2週間程度で取得することができます。



通常の通学による教習の場合は、自分の希望する時間に教習を受けられなかったり、キャンセル待ちをする必要があったりと何かと時間や手間がかかります。


合宿免許情報を教えます。

特に夏休みなどの学生の休み期間中は予約が取れずに教習が長期間に渡ってしまうことも、しばしばあります。自分の日程と担当教官の日程のタイミングを計るだけでも1カ月は必要になります。

それに比べると、合宿免許の場合、入校から卒業までのタイムスケジュールがあらかじめきっちりと組まれていますので、無駄な手間暇をかけることなく短期間のうちに運転技術や知識を習得することができるのです。

結果的に、通常の通学による教習に比べると、合宿免許では驚くほど短期間のうちに免許の取得をすることが可能です。2つ目のメリットとしては、合宿免許では費用を安く抑えることができる点が挙げられます。

合宿免許では、教習費用と宿泊費・交通費、さらに3食分の食事費用まですべてがパック料金となっている場合がほとんどです。



補修や再検定、延泊費用等の追加費用も通常はいりません。食事を減らしたりすることでさらに低価格にすることもできます。

さらに、旅行気分を味わえるというメリットもおまけとしてあります。

普段の生活圏から離れて宿泊しながらの免許取得になりますので、ちょっとした旅行気分を味わうことができます。



いずれにしても、合宿免許はまとまった休みが必要になりますので、働く社会人には難しい面もありますが、時間的に余裕のある学生にとっては、低価格で集中的に運転免許が取得できる大きなメリットがあります。